引用元:Valve

どこでもSteamが楽しめるゲーム機

PCゲームの最大手プラットフォーム「Steam(スチーム)」を運営する会社Valve(バルブ)が、携帯ゲーム機を発売する発表しました。パッと見、Nitendo Switch風のそのゲーム機の名前は「Steam Deck(スチーム デック)」。どこでもSteamゲームが楽しむ事ができるゲーム機です。

Steam Deck

引用元:Valve

「Steam Deck(スチーム デック)」は、どこでも気軽にSteamが楽しめる携帯ゲーム機です。

見た目やボタンの配置などはNitendo Switchにかなり似ており、画面の大きさは7インチ(1280×800)で、これは従来のNitendo Switchよりも一回り大きいサイズです(2021年10月に発売されるNintendo Switch 有機ELモデルと同じ大きさ)。
ジョイスティックが左右に1つずつ、その下にトラックパッドが1つずつ付いています。また、ジャイロ機能も用意されています。

メインメモリは大容量の16GB。SSDは64GB、256GB、512GBの3種類。SSDに関しては、拡張ポートも付いてるので足りなくなればmicroSDカードを挿して増量させる事もできます。

肝心のゲームについては、Steamで配信されているゲームであればほぼ全てプレイ可能との事です。PCと同じIDでログインする事でPCと本ゲーム機とを同期してくれる為、PCで途中までプレイしたゲームの続きを本ゲーム機でプレイすると言った事もできます。
映像に関しては、PCとほぼ遜色ないレベルで、遅延もなければfpsが下がると言った事も無いと公式では謳われています。

なお、あくまでも「ゲーミングPC」という位置づけの為、ゲームプレイしかできないというわけではなく、動画サイトで動画を見たり、ストリーミングサービスを利用すると言った、パソコンでできる事は一通りできます。

引用元:Valve

発売日や価格など

発売日は2021年12月。ただし、アメリカ・カナダ・欧州連合・イギリスのみでの発売となっています。2022年以降、他の地域でも発売予定との事で、おそらく日本も2022年以降の発売になると思われます。
価格は、64GBが399ドル、256GBが529ドル、512GBが649ドル。日本でいくらで発売されるかはまだ不明だが、おおそよ同じような価格になるのではないかと思われます。

携帯ゲーム機としては、おそらく最も多くのゲームがプレイできるゲーム機になると思われます。
Steamプレイヤーの方は、ぜひともチェックしてみてください。

【公式サイトはコチラ】