ゲームボーイアドバンス互換機登場

ゲームボーイの後続機として2001年に発売されたゲームボーイアドバンス。3年後の2004年にニンテンドーDSが登場した事もあってか、短命に終わってしまいましたが、GBAでしか発売されなかったソフトなどもあり、ゲーマーには忘れられないハードだと言えます。
そんなGBAを最新の技術で楽しむ事ができる互換機が登場しました。

ポケットHDMIアドバンス for GBA

「ポケットHDMIアドバンス for GBA」は、ゲームパーツの開発を行っている株式会社コロンバスサークルによって開発されたゲームボーイアドバンス互換機です。GBAソフトを挿して遊ぶ事ができます。
初代アドバンスをそのまま大きくしたような感じのデザインとなっており、カラーは“アドバンスカラー”とも言える紫色です。LRボタンがありませんが、代わりにA・Bボタンの上にAAボタン・BBボタンを用意。こちらがLRボタンの代わりとなります。

最大のポイントは3つの楽しみ方がある点です。

①手で持って楽しむ
最もシンプルかつ、オリジナルに近い形の方法です。一般的な携帯ゲーム機のように両手に持ち、中央部分の7インチ画面でゲームを楽しむ事ができます。

②机に置いて楽しむ
本製品には、スーパーファミコン風のコントローラーが付属しており、本体を机に置き、据え置き機のような感覚で楽しむ事もできます。

③テレビに接続して楽しむ
HDMIケーブル(別売)を使う事で、テレビに出力する事ができます。これで、アドバンスのゲームがなんとテレビで楽しめちゃうのです。通常のAV端子よりもクリアな映像が写せる為、職人芸レベルのドットが拝めます(笑)。

他、画面比率を変える「変換スイッチ」があり、「スタンダード(3/2)」「ワイド(16/9)」の比率が楽しめます。

本製品の価格はオープン価格となっていますが、Amazonでは18,480円となっています。他、ビックカメラ.com、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトでも購入可能です。価格はサイトによって微妙に異なったりしているのでご注意ください。
発売は6月2日からとなっています。

アドバンスの思い出

ここからは筆者個人の思い出です。
筆者は初代アドバンスは持っていませんでしたが、「SP」は持っており、通勤電車の中でよくプレイしていました。「逆転裁判」を初めて知ったのも確かアドバンスだったと思います。
他にも「マジカルバケーション」「キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲」「サモンナイト クラフトソード物語」「MOTHER3」「新約 聖剣伝説 」など、様々なゲームを楽しんだ思い出が蘇ります。

ニンテンドーDSに移ってはからはほとんどプレイしなくなってしまいましたが、ニンテンドー3DSはGBAソフトが遊べた為、そっちでも結構遊びましたね。
「マジカルバケーション」なんかはきっと今プレイしても感動できるはず。コレ買って、あの頃の気持ちを思い出したいと思います!

【サイトはコチラ】
https://www.columbuscircle.co.jp/products/?id=1650937721-823464&ca=22
画像引用:株式会社コロンバスサークル