今でも売れてる手帳

スマホが普及し、メモなどもスマホで簡単にできるようになった今でも、文房具店では変わらず「手帳」が売られています。ペンを握って自分の手で紙に書く方が強く頭に残って良いという方がまだまだいるのです。また紙のメモ帳なら「バッテリー切れ」も「起動するまでに時間がかかる」という事も無いため、筆者もスマホとは別にメモ帳を持っています。使った事はほとんど無いんですが(汗)。

そこで今回は、紙製の手帳のように使う事ができるデジタルノートをご紹介したいと思います。

デジタルノート「Hannsnote」

「Hannsnote(ハンスノート)」は、TOTAL TRADE JAPANから発売されるデジタルノートです。デジタルノートとは、簡単に言えばノート機能の特化したタブレットのような物で、専用のペンが付いています。

本製品最大のポイントはカラー対応だと言う事。
従来のデジタルノートは白黒がほとんどですが、本製品は30色カラーに対応しており、色鮮やかなカラフルメモを作る事ができるのです。人間の脳は白黒よりもカラーの方が理解促進効果・記憶効果が高いと言われており、大事な事を鮮明に記録するならカラーの方が良いのです。

ディスプレイのサイズは8インチ。スマホより大きく、タブレットよりも小さいと言う、ノートとして使うのに最適な大きさです。付属のペンは筆圧次第で細い線から太い線まで自由自在に書き分けが可能で、消しゴム機能も搭載。更に本体からの電磁波で動く為、ペン自体の充電は必要ありません。
タッチ機能は無い為、手が画面に当たっても反応する事はありません。ペン先で触れた部分だけが反応するので、画面が汚れる心配がありません。
パソコンではない為、OSの起動などが無く、ボタンを入れて1秒足らずで使用する事ができます。

本体に保存できるページは約1000ページほど(書いた内容によって変わる事があります)。Bluetooth機能を使う事でパソコンやスマホとデータを共有・移動する事が出来る為、書いたページをパソコンなどに保存して本体から消せば、ページは無限大です。

価格や販売場所について

本製品の価格は39,980円(税込)。本体にペン、レザーケース、充電ケーブル、説明書など、全て一式揃っています。カラーはホワイト1色のみ。
まだ一般販売は行われておらず、クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売が行われています。早期購入で20%OFFなどの割り引きが受けられるので、ご希望の方はお早めの購入をお勧めします。商品のお届けは2022年6~7月頃予定との事です。

スマホのメモ帳だと満足できない方、紙のメモ帳から一歩先に進みたい方、この商品、ぜひともチェックしてみてはいかがでしょうか?

【商品サイトはコチラ】
https://www.makuake.com/project/hannsnote/
画像引用:TOTAL TRADE JAPAN