引用元:povo公式サイト

povoに加入したのに

筆者はauの利用者です。スマホ料金が大幅に安くなるという事で、4月2日にpovoに加入しました。
そして今月、予想通りに大幅に料金は安くなっていました。が、税込みで2,728円になるはずなのに、料金は何故か3,000円超え。1日からの利用ではなかったにせよ、これはちょっとおかしいんじゃないかと調べてみた所、「故障紛失サービス」というオプション(月額380円)に入っていた事が判明しました。

筆者はてっきりpovoになった時点で有料・無料に関わらず、povo加入時に契約しなかったオプションは全て消えると思っていたんですが、これは一体どういう事なのか……。
この記事では、そんなオプションを解約するまでのお話です。

加入後も継続される「故障紛失サポート」

筆者はあまり有料オプションを契約しないので、「故障紛失サポート」以外のオプションについてはよく分かりません。今回のお話はあくまで「故障紛失サポート」のみの話となるのでご注意ください。

で、その「故障紛失サポート」ですが、調べてみた所、どうやらpovoに加入後も「自動的に継続」して加入できる事が分かりました。人によっては大事なオプションですし、au側は親切のつもりでそういう仕様にしたのかもしれませんが、知らなかった私としてはちょっとビックリしました。

今まで一度も紛失したり盗難に遭った事が無いので、筆者は「故障紛失サポート」の解約を決意。現在、オプションの解約などはMy auから出来るので、今回もMy auにログインし、解約をしようとしました。
が、「povoの方は本オプションサービスのお申込は承れません」と出て、何故か対応不可能。色々なページをチェックしたものの、サイトからは解約ができませんでした。

ネットで調べてみた所、「加入後は解約できない」「解約するなら加入前にするしかない」「もしくは一度別のプランにして解約した後、再びpovoに入るしかない」といった絶望的な書き込みが。
「加入後は解約できないって、それは詐欺じゃないの?」と思わずにはいられませんでした。

一筋の光明が

が、更に調べた所、解約したという書き込みが。詳しく見てみると、povoの自動応答チャットで、「故障紛失サポート」と調べてみると、電話番号が表示され、そこに電話をする事で解約が出来たとの事。
筆者もすぐにチェックして出てきた番号に電話をかけてみました。1~2分程待たされた後、男性オペレーターが出てきたので事情を説明。すると、
「はい、分かりました。お客様の情報を調べますので少々お待ちを」
と言われて、また1~2分程待機。
その後、
「了解しました。では、本日をもって故障紛失サポートを終了します。日割りとなりますので、本日分までの請求はさせていただきます」
との返答が。

電話を切った後、My auを調べてみると、見事「故障紛失サポート」は無くなっていました。
これで、何とか対応できたのです。

ちょっとセコいゾ、povo

povoは料金が安い代わりに店頭や電話での受け付けはしておらず、サポートも最低限です。正直、それならばこんな面倒臭い形で解約をさせるのはちょっとセコいと思いました。

携帯電話サービスは色々なオプションで大きな利益を上げていると聞きます。が、ニュースなどではたまに「本人の知らない内に色々なオプションをつけさせて高額を請求している」などと言った話が出ます。
企業として利益を求めるのは悪い事ではないですが、それが利用者にとって納得の行くものでなければ、結果的に利用者は離されて行ってしまうと思います。
企業にはより誠実な対応を求めたい所です。