引用元:SIE

ゲームがタダで10本も遊べちゃう!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、外出せずに自宅でゲームを楽しむ「Play At Home」キャンペーンとして、PS4向けタイトル10本を3月26日より順次無料配信する事を発表しました。

Play At Home

「Play At Home」はSIEが展開しているキャンペーンで、新型コロナウィルスで家にいる事が多くなった事を受け、その名の通り「自宅でゲームを」というキャンペーンです。
内容は、無料でゲームがプレイできるというモノです。「無料でプレイ」と聞くと、月額制サービス「PS Plus」を思い出す人もいるかもしれませんが「PS Plus」は毎月お金がかかります。今回の「Play At Home」はPS4とネット環境があれば、本当にそれ以外のお金は一切かからず、無料でゲームをダウンロードできるのです。
無料ならば、例え興味が無い作品だったり、知らない作品だったとしても、とりあえずダウンロードしてみたくなりますよね?

以下が、今回無料配信される事になったゲームの一覧です。

3月26日から配信(4月23日まで)
「ABZÛ」
「Enter the Gungeon」
「Rez Infinite」※VR対応
「Subnautica」
「The Witness」
「ASTRO BOT:RESCUE MISSION」※VR専用
「Moss」※VR専用
「THUMPER リズム・バイオレンスゲーム」※VR対応
「Paper Beast」※VR専用

4月20日から配信(5月15日まで)
「Horizon Zero Dawn: Complete Edition」

基本的には海外製のインディーズゲームがメインとなっており、日本人に最も良く知られている作品(おそらく世界全体から見ても)は「Horizon Zero Dawn: Complete Edition」かと思われます。筆者もこれらの中でプレイした事のあるゲームは「Horizon Zero Dawn」だけでした。

とは言え、最近はインディーズゲームもレベルを増してきており、メジャー作品と比べても劣らないくらい楽しめる作品ばかりです。
また、VRに対応したゲーム、またはVR専用のゲームも含まれており、これを機会にVRゲームを体験するのも良いと思います。
今回は最初にお伝えした通り、全てのゲームが無料で遊べるので、これを機会に全部ダウンロードして、海外のインディーズゲームがどういうモノなのかを知ってみましょう。

プレステセールを見逃すな

プレイステーションはこうしたキャンペーンと称してゲームを無料で配布したり、定期的に人気ゲームの割安セールを行っています。中には「マジで?」と思うようなビッグタイトルが凄い価格でセールされている事もあります。
基本的に全てダウンロード販売の為、買った後に売ったりはできませんが、モノによってはパッケージ版よりも遥かに安い場合もあります。
こうしたキャンペーンは逐一チェックする事をお勧めします!

【SIEからのお知らせページ】