アマゾンからおかしなメールが…

それは1月26日の事でした。午前11時に突然Amazonからメールが届きました。そこには以下のような文面が…。

Аmazonお客様
Аmazonに登録いただいたお客様に、Аmazonアカウントの情報更新をお届けします。残念ながら、Аmazonのアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためАmazonアカウントの情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

果たして、これは何なのか?
調べてみる事にしました。

まずは内容をチェック

まず、書いてある事がどんな事か整理してみます。
メインは「Amazonのアカウントを更新できなかった」という内容です。更に細かく見ると「カードの情報を更新できなかった」との事。期限切れか請求先住所が違うか、はたまた別の理由か何かでとにかく更新できなかったので、ログインしてカード情報を入れてくれという内容です。
サラッと読むと、結構ありえそうな事が書かれていますが、果たしてこれは本当なのでしょうか?

公式サイトやネットでチェック

こういう時にまず最初にやるべき事は自ら公式サイトをチェックする事。大抵は公式サイト上で注意を呼び掛けるお知らせなどがあったりするものです。
が、チェックしてみたものの、特に注意お知らせなどは無し。Amazonは積極的にこういったお知らせを出したりしないので、仕方ないかもしれません。
となると、このメールは本物なのでしょうか?

次にネットで調べてみます。「Amazon 詐欺」などのキーワードで調べてみると……これは見事にビンゴ。同じようなメールをもらった人がいるらしく、報告が色々ありました。

これでこのメールが詐欺である事は間違いない事が分かりました。

詐欺である様々な証拠

①送られたメアドで登録していない
実はメールをもらった時点で詐欺だという事は分かっていました。このメールが送られたアドレスではAmazonに登録していなかったのです。登録してないメアド宛てに何言ってきても意味無いですよね。
ただ、中にはしっかり登録してあるメアドに送られるパターンもあるので、これだけで詐欺とは見抜けない事もあると思います。

②メールアドレスが変
今回送られてきたメールは「mail@cyatchz.cn」というメールアドレスでした。メールの名前にAmazon@Amazon.co.jpとありましたが、いくら何でも雑過ぎるでしょう。
キチンと「@amazon.co.jp」というメールから来てない時点で、このメールが詐欺だという事は明白です。

③日本語がおかしい
そもそもタイトルの「不正なアクティビティ」というのが意味不明。「アクティビティ」は「活動」と言った意味なので、日本語らしく言うと「不正な行動が確認されました」という感じだと思います。日本人に対して「アクティビティ」という言葉が使うのは不自然です。
また、「不正が確認された」というタイトルなのに、文面は「アカウントを更新できなかった」というのもおかしいですよね。タイトルと内容が一致していません。

また「Аmazonアカウントの情報更新をお届けします」と言っておきながら「アカウントと更新できなかった」というのも、ちょっとおかしい感じです。「更新できなかった事」を「情報としてお届けする」って、変ですよね。

余談ですが「Аmazon」の「А」だけ全角っていうのもおかしいっちゃおかしいですよね(汗)。

④内容がおかしい
「アカウントを更新しようとしたけどできなかった」という内容ですが、そもそもAmazon側がこっちの情報を更新する事自体がおかしいですよね。何を更新するんだと聞きたい。個人情報はこっちが持ってるんだから、Amazon側で更新する事なんて無いはずです。

⑤飛び先が変
これは本来はあまりやってはいけないですが、うっかりやってしまった人の為に書きます。
確認の為、一応ボタンをクリックしてみたのですが、↓の画像のようにキチンとしたサイトには飛ばず、警告文が出る画面に。
筆者がクリックしたのはメールが送られてからしばらく経ってからだったので、こういう結果になったのかもしれませんが、基本的にこういうページが出たら100%詐欺と考えて問題ありません。

ただ、中には本物っぽいページに飛んでしまう場合もあります。そういった時は、ゼッタイに個人情報などを入力しないようにしてください。本物の場合、まずログインさせる事がほとんどなので、いきなりカード情報なんかの入力ページに飛んだら要チェックです。

詐欺メールには要注意

今回のメールは穴だらけだった為に、特に問題無く詐欺だと見抜く事ができました。しかし、中には本物と見間違ってしまうような精巧なモノもあると聞きます。
また、最近はメールだけでなくSNS(LINEなど)で怪しげなメッセージが送られるパターンもかなりあるようです。
便利なモノが生まれれば、必ずそれを悪用するヤツも出てきます。しっかりとした知識が己の身を守ります。くれぐれも詐欺メールにはご注意下さい。