引用元:ソフマップ

編集部も抽選に応募!

11月12日に発売が決定した新世代ゲーム機・プレイステーション5(PS5)。各取扱店では店頭での予約は行わず、インターネットでの抽選予約という形の対応を取る所がほとんどでした。
その抽選もお店によってはかなりの倍率になり、有名なお店では数十倍と言った所もあったようでした。

JIX編集部でも「11月12日に実機プレイレポートをしたい」という事で、数名でそれぞれ抽選予約に参加。正直、当たればラッキーぐらいの気持ちで参加しましたが、結果、見事1名のみ抽選に当たり、11月12日に実機をゲットできる事になりました!

今回はその顛末についてご紹介したいと思います。

抽選予約が始まる

2020年9月17日に正式に発売が決定したPS5。それからすぐに予約が開始されました。
が、制限無く予約を受け付けてしまうと、供給数を軽く超えてしまう為、各家電量販店では応募者の中から抽選で予約可能という形を取りました。更に店頭での受け付けは行わず、インターネットのみという所がほとんどでした。これはおそらくお店での混乱を避ける為の処置だったと思われます。
JIXガジェット編集部も是非販売日にPS5をゲットしようという事で、筆者を含めて数名で応募をする事に。

筆者が応募したのはソフマップでした。
ソフマップは筆者が個人的にずっと使い続けているお店で、今回も一番最初に調べた所でした。

ソフマップの抽選予約の条件は少し変わっており「9月30日までにプレミアムCLUBカードに入会している人」が抽選に参加できる条件でした。
ソフマップのカードは大きく分けて2種類あり、1つは普通のポイントカード、そしてもう1つがプレミアム会員です。プレミアム会員になると、中古買い取り額が10%アップしたりと言った特典が得られます。ただし、1年に最低1回は使わないと会員費が発生します。
筆者はというと、既に数年前にプレミアムCLUB会員になっており、今回新たに会員になる必要はありませんでした。常連の強みです!

引用元:ソフマップ

案内メールが届く

そして、10月5日にソフマップからメールが届きました。
「PS5の抽選予約に参加したいならココをクリック」と言った感じの内容で、すぐにクリック。
「通常版」と「デジタル版」の2種類から選んで下さいと言われて、迷わず通常版を選択。

値段的にはデジタル版の方が1万円近く安いんですが、筆者のようなアラフォー世代はやっぱり「物」がある方が安心するんです。ネットのダウンロードでしかゲームを購入できないのはちょっと寂しいと感じ、キチンとディスクを買って挿入できる通常版を選びました。

後はひたすら待つのみ。
が、その間にちょっと嬉しいニュースを発見。「ソフマップのPS5の倍率は通常版で4.6倍、デジタル版が2.3倍」という事らしいのです。

「えっ? なんか予想以上に低いな。これはもしかして当たるんじゃないのか?」
と正直思いました。

別のお店では数十倍なんて話も聞いていたので、こんなに低かったのか、と。デジタル版なんて2.3倍ですからね。2人に1人はゲットできるという計算です。
ソフマップが確保したPS5の数が多かったのか、それとも応募した人が少なかったのか……。

個人的には「プレミアム会員のみ」というのがネックだったんじゃないかと思います。そこそこヘビーに使う予定が無いとプレミアム会員にはならないですからね。その時点で「なら別のお店にするわ」と言った感じで離れてしまった人が多かったのではないかと推測しています。
逆に言えば、そのそこそこ高いハードルをクリアした人は倍率が低くなって嬉しいわけですが。

そして発表!

そして10月10日の午後16時、ソフマップからメールが。そこには……。

「厳正に抽選させていただいた結果、当選されましたのでお知らせいたします。」

本当に当たった!

倍率が低いとは言え、それでも4.6倍、当たるのは4人に1人という事だったので、当たらないだろうな…と思っていたんですが、これがまさかの大当たり! 嬉しさよりも驚きの方が大きかったです。
メール到着後、すぐに予約購入しました。ソフマップさん、ありがとう!

後はプレイするゲームです。
個人的には国産のRPGが好きなんですが、ローンチではそういったタイトルが無かった為、悩んだ結果、「Marvel’s Spider-Man:Miles Morales」を予約しました。PS5のグラフィックを堪能するには、このタイトルが最も良いだろうと思ったからです。

あとは座して待つのみ

後は11月12日に到着するのを待つだけです。
一体どんな映像体験ができるのか、今から楽しみです。実機レポートは販売日にレポートしたいと思いますので、ぜひともお待ちいただければと思います!