引用元:META MASK

NFTならMETA MASK

近年話題になりつつある「NFT」。まだまだ一般的とは言えませんが、メディアでもチョコチョコ取り上げられるようになり、1年後どうなっているかは分かりません。もしかしたら、誰もがNFTを持つのが当たり前になる日が来るかもしれません。
そんなNFTですが、主に仮想通貨を使って売り買いを行います。その仮想通貨のやりとりを行う為には「ウォレット」と呼ばれるツールが必要です。しかし、世には無数のウォレットが存在しており、初心者は何を使えばいいのか分からないという人も多いと思います。

そこで今回は、NFTのやりとりにおいて最もポピュラーと言われる「META MASK」について解説したいと思います。

ウォレットとは?

まずは「ウォレット」について解説しましょう。「ウォレット」とは、日本語で「財布」という意味で、文字通り、仮想通貨を管理する為のツールです。
今、いくら仮想通貨を持っているのかの確認を始め、ウォレットに仮想通貨を送ってもらったり、逆に他のウォレットに仮想通貨を送る事もできます。
ただ、一般的には仮想通貨自体をそこから発行する事はできません。現実の財布と同じです。財布を叩いてもお金は出てこないのです。お金は別の所から調達しなければならないのです。仮想通貨業界においては別に「取引所」と言われる所があり、仮想通貨の発行はソチラで行われます。「コインチェック」「ビットフライヤー」などが取引所としては有名です。
現在、無数のウォレットが世に存在しており、モノによって微妙に仕様が違ったりします。

そんなウォレットの1つが「META MASK(メタマスク)」です。NFTのやり取りにおいてMETA MASKは極めてポピュラーなウォレットで、多くのNFTマーケットにて使う事ができます。

マーケットとの連動

一般的なNFTマーケットは、ウォレットを連動させる必要があります。これはどういう事でしょうか?
例えばAmazonで買い物をした場合、クレジットカード情報を入れる必要があります。これにより即購入ができるわけです。それと同じで、NFT販売サイトで何かを買った際、すぐにお金のやりとりをする必要があります。その際に販売サイトとウォレットとを連動させる事で即座に購入ができるのです。
「META MASK」は多くのNFT販売サイトで簡単に連動できるようになっており、ココが他のウォレットに比べてMETA MASKがNFT売買で使いやすいと言われている理由です。

META MASKの詳細

引用元:META MASK

META MASKがNFTにおいて最も支持される理由は前述した通り、多くのサイトで簡単に連動できる点が大きいです。
ただ、他の機能もシッカリしており、例え↑の理由が無かったとしても初心者でも使いやすいと言えます。自分のアドレス(送金する際に使うなが~い英数字の羅列の事)は簡単に確認できますし、アカウントの切り替えも可能です。更に、1つのアカウントを複数のデバイスで共有する事も可能で、何人かで同じウォレットを使いたい時などは重宝します。
「アクティビティ」を見れば、いつ、どのサイトで、いくら使ったのかを一目で確認する事もできます。
また、多くのウォレットは英語オンリーですが、「META MASK」は日本語にも対応しており、日本人には特にお勧めと言えます。

注意点

そんな「META MASK」ですが、1つ大きな注意点があります。それが「PC版とアプリ版とでは仕様が異なる」という事です。

META MASKはPC上で使うPC版と、スマホで使うアプリ版があります。これが何故か仕様がかなり異なっており、分かりにくいんです。
アプリ版は「今自分が所有しているNFT」を確認する事ができるのですが、PC版ではそれができません。また、アプリ版は全ての購入履歴を確認する事ができますが、PC版では「PCで購入したNFTの履歴」しか確認する事ができません。
ここまで書けば分かると思いますが、アプリ版の方が全てデータを見る事ができる為、使うのならばアプリ版の方をお勧めします。

まずをウォレットを知ろう

NFTの売買をするのに、ウォレットは欠かせません。もっと言えば仮想通貨のやりとりをする上でもウォレットは欠かせません。
逆に言えばウォレットの事をシッカリ理解すれば、仮想通貨の半分はマスターしたと言っても過言ではないと思います。それくらいウォレットは大事なのです。
これからNFTの売買をしてみたいという方は、まずは「META MASK」から初めてみてはいかがでしょうか?

【META MASKのサイトはコチラ】
https://metamask.io/