引用元:バンダイナムコエンターテインメント

フロムのダークファンタジーRPG

バンダイナムコエンターテインメントは、ゲーム情報番組「Summer Game Fest 2021」にて、フロムソフトウェアと共同制作中の新作アクションRPG『Elden Ring(エルデンリング)』を2022年1月22日に発売すると発表しました。
対応プラットフォームはPlayStation4、PlayStation5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC。
価格については、まだ未定となっています。

「あの系譜」の新作登場

引用元:バンダイナムコエンターテインメント

フロムソフトウェアの作るダークファンタジーなアクションRPGと言えば、「Demon’s Souls」「DARK SOULS」「Bloodborne」などの、高難易度アクションを連想するかと思いますが、ついにその系譜に連なる新作が発表されました。

本作は上記作品群を手掛けたフロム・ソフトウェアの宮崎英高氏と、ファンタジー小説シリーズ「A Song of Ice and Fire(邦題:氷と炎の歌)」などを手掛けた作家のジョージ・R・R・マーティン氏がタッグを組んで作られた作品。
宮崎氏もコメントで「『DARK SOULS』シリーズで培ってきた、ダークファンタジーや、アクションRPGのノウハウを十分に活かし、大きく王道進化させたタイトル」と言っています。
実際、公開されたトレーラーを見ても、不気味ながらも幻想的な世界を舞台に、屈強な鎧を身にまとった戦士が馬と共に走り回り、そして異形のモンスターと戦う姿が映し出されています。

現時点で、まだ詳しい事は分かっていませんが、オープンワールドタイプのアクションRPGで、広大な世界を旅しながら巨大ダンジョンを攻略するというスタイルになるとの事。
アクションは従来よりも多彩なジャンプアクションが用意されているようで、より自由に攻略ができるとの事。また、キャラクターの見た目などもかなり自由にカスタマイズできるようです。

このシリーズが好きな人ならば間違いなくマストバイなタイトルになるでしょう。

引用元:バンダイナムコエンターテインメント

引用元:バンダイナムコエンターテインメント

【公式サイトはコチラ】