引用元:Hyperkin(英語)

互換機『Retron Sq』発売

テレビゲームの周辺機器を開発しているアメリカの会社Hyperkinから、ゲームボーイ・ゲームボーイカラー・ゲームボーイアドバンスのソフトをテレビに出力してプレイできる互換機「RetroN sq」が発売されました。
日本での価格は、10,780円(税込)。

GBソフトがテレビで遊べる

子どもの頃からゲームに親しんできた世代は、今40代以上。そろそろ老いが始まってきて、小さな携帯ゲーム機を覗くのはなかなかに大変です。ちなみに筆者は老眼鏡使ってます(汗)。
でも、最新のゲームが楽しければ楽しいほど、レトロゲームの良さにも気づいてしまい、今になって「魔界塔士Sa・Ga」とか「カエルの為に鐘は鳴る」とかがやりたくなってしまうんです。GBAソフトなんて、今プレイしても十分すぎるほど面白いですからね。「黄金の太陽」とか「マジカルバケーション」とか「サモンナイト クラフトソード物語」とかね。

そんな昔のゲームを出来るだけ今の機材でプレイしたいというお悩みを解決できる素晴らしい互換機が登場しました。

互換機「Retron Sq」

引用元:Hyperkin(英語)

互換機「RetroN sq」は、ゲームボーイ・ゲームボーイカラー・ゲームボーイアドバンスのソフトをテレビに出力してプレイできる互換機です。
パッと見、NINTENDO64を正方形にした感じで、スーパーファミコン風のコントローラーが1つ付いています。
付属ケーブルはHDMIケーブルとUSBケーブルとそのアダプターの3本。HDMIケーブルはテレビに繋ぎ、USBケーブルは電源用です。アダプターを使えばダイレクトにコンセントに繋げます。
使い方は簡単で、ケーブルを接続して、本体上部にあるスロットにソフトをセットして電源を入れるだけ。これだけでゲームボーイソフトが楽しめちゃいます。また、アスペクト比を4:3または16:9に切り替えるスイッチも付いています。
更に物置の奥で眠っているゲームボーイソフトを今こそ引っ張り出す時では?

ただし、注意点もいくつかあります。
1つは読み込み時間があるという事。ゲームをプレイするのに大体10~30秒ほどの読み込みが最初にかかります。ただし、最初だけなので我慢すれば問題無いかと思います。
もう1つはアドバンスは「ベータ」扱いだという事。全てのアドバンスソフトの起動を保証してるわけではないらしく、ゲームによっては起動できないタイトルがあるらしいです。どれが出来ないかは現在発表されていません。
また、画面がやや野暮ったく、キリッとクリアな映像ではないのも要注意です。

日本で買えるのか?

本製品は海外製品です(日本国内でもプレイ可能)。調べてみましたが、Amazon(日本版)には、まだ本製品はありませんでした。ただ、Yahoo!ショッピングには本製品が売っていました。しかし、筆者が調べた限りでは売り切れ状態になっており、次いつ入荷するかはまだ未定となっていました。
どうしてもすぐに欲しい方は、英語が分かる人にお願いして海外サイトで買うのも良いかもしれませんね。

【購入はコチラ(Yahoo!ショッピング)】