Amazonからメールが

5月6日、20時頃、1通のメールが届きました。Amazonからのメールで、タイトルと本文は以下のようなモノでした。

【タイトル】
【重要】カード情報更新のお知らせ

【本文】
Amazon お客様

Amazonかに登録いただいたお客様に、Amazonアカウントの更新情報をお届けします。
残念ながら、Amazonのアカウントを更新できませんでした。
今回はカードが期限切れになっているか、請求先住所が変更されたなど、様々な理由でカードの情報を更新できませんでした。
アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持する為、Amazonアカウントの情報を確認する必要があります。

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

一体、これは何なのか、調べてみる事にしました。

結論、詐欺

と言う事で調べようと思ったのですが、実は詳しく調べる前から、これは詐欺だという事が分かってしまいました。
何故分かったのか? それは、以前にも似たような内容のメールを受け取った事があるからです。しかもその時はAmazonではなく、楽天でした。
違うサイトからなのに内容は大体一緒。この時点でおかしいと分かりました。
ちなみに楽天詐欺メールの件も過去に記事にしています。

楽天市場から「カード情報更新のお知らせ」というメールが!でも予想通り詐欺だった!

こちらを見れば分かる通り、メールの文面が極めて似ており、違うサイトから文面まで同じメールが届くなんてありえません。少なくとも片方、最悪両方とも詐欺だという事です。今回はどちらも詐欺でしたが。

もう少し詳しく

このまま「詐欺は消えろ」と言う事で終わりにしても良かったんですが、せっかくなので、もう少しだけチェックしてみる事にしました。そうしたら、ボロボロと粗が出てきましたね。

①メアドがおかしい
このメールの差出人は「Amazon.co.jp」となっていたんですが、肝心のメアドは「info@shhaomeng.com」となっており、Amazonとは無関係なアドレスでした。差出人の「名前」だけ、それっぽくしてもダメでしょう。

②飛んだ先がおかしい

一応なので、書かれてあるURLにクリックしてみました。すると↑のような画面にでました。Amazonに飛びません。というか、そもそもサイトに飛びません。せめて「側」くらいそれっぽくしないと詐欺れないと思うんですが……。

③メールが何故か画像
とても不思議な事に、本文が全て1枚の画像として送られていました。つまり、本文にテキストは1文字も使われていなかったのです。
おそらく迷惑メールとして自動処理されてしまうのを回避する為にこうしたのだと思われますが、かえって怪しくなるという面白い結果になりました。

十分注意しましょう

コロナ禍という事もあり、家で過ごす時間が増え、パソコンをいじる機会も増えたと思います。だからこそ、その利用頻度増加を見越してこうして詐欺メールが横行しているのだと思います。
ちょっとでも怪しいと感じたら、焦らずシッカリと確認作業をして、真偽を確かめましょう。メールタイトルで検索してみるのがおススメです!