引用元:株式会社シマワ(Makuake)

電源の無いスピーカー

金属の精密部品加工を中心とする株式会社シマワは、電気を使わずにスマホのボリュームを上げるスマートフォン用無電源スピーカー「oto (オト)」を、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行購入受付を開始しました。
価格は13,904円(税込)から。

無電源スピーカー「oto」の仕組み

引用元:株式会社シマワ(Makuake)

今回ご紹介するのは、電源が無いスピーカー「oto(オト)」です。スマートフォンをこのスピーカーに差し込むと、スマホのボリュームがググンと上がり、音がブワッと広がるのです。
電気を使っていないのにボリュームが上がるとは、一体どういう構造なのでしょうか? 「実はスマホから電力を貰っているんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、答えは「NO」です。

本製品はスピーカーのような穴が開いており、ここから音が出る仕組みになっています。この穴の形(構造)に工夫が凝らされており、音がメガホンと同じ原理で拡大されて放出されるようになっており、その為ボリュームが上がるのです。
また本製品は全て金属(ジュラルミン)で出来ており「金属の音の反響作用」も利用しています。この金属の反響が音をクリアに、そして広げてくれるのです。
本当に電気は一切使わずに音が大きくなるのです。

【実証動画が公開されています】

本製品の特徴は、その構造だけではありません。デザインも無駄な部分が無く、シンプルでカッコ良く作られています。金属製の為、ずっしりとした素材感があり、ちょっと大人な雰囲気が漂います。
また、現段階ではまだ発売されていませんが、拡張パーツが発売される予定になっており、これにより見た目や音にも変化を加えられるようになるとの事です。

引用元:株式会社シマワ(Makuake)

「oto」を作った会社

この「oto」を開発したのは東京都千代田区にある株式会社シマワと言う会社で、主に油圧部品やミクロン単位の金属の精密部品加工を中心に行う、いわゆる「町工場」の会社です。
そのシマワが創業35年にして初めて自社開発したこの製品は、これまでのノウハウがギュッと詰まった意欲作品です。サウンドにこだわる方は是非ともこの「電気を使わないスピーカー」を試してみてはいかがでしょうか?

【購入はコチラ(Makuake)】